読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜になっても読み続けよう。

地位も名誉やお金より、自分の純度を上げたい。

「女は」買い物!

皆様、おこんばんは。

わたしの住まう市内に
大型ショッピングモールが出来たのは
以前書きました。

その中に整体ルームがあって、
二週間に一度行き、
ついでに買い物もします。


わたしがマッサージを受けている間にゲームコーナーに居るとゆー相方。

中に入っていつも驚くのは



ケーキのUFOキャッチャー。

f:id:slowstudy:20141116165615j:plain


数百円使ったと思って、
食品フロアでケーキ買った方が合理的なんですが、
それは重々承知なんですが、

ケースの中のケーキが魅惑的


なんです。

UFOキャッチャーごと冷蔵庫になるんでしょうけれど、
タイミング良く、
ケーキをゲットした少年を肉眼で発見。

聞くと
店員さんに知らせなくてはいけないそうです。

実はビデオ撮影してて
成功した画像は客寄せのために店内に流してます。

中の映画館の脇に
ファーストフードとお菓子のコーナーがあって、
お菓子を大人買いしました(映画観ずに)。


安くはないけど、体に良い成分入りのグミ、
わたしの大好きなドライフルーツ、
紐状のグミやら乾燥ストロベリー入りのチョコレートなどなど。


f:id:slowstudy:20141116191126j:plain

ラストはコーヒーショップに卸してる食材を売ってる多国籍な雰囲気のお店。


オリーブオイルやら
フォアグラやらキャビア(もちろんニセモノ)、
外国のインスタント食品やら
たくさん買いました。

f:id:slowstudy:20141116191255j:plain


わたしの職場のうちの1つは
介護なんで、
アルバイトが多いです。

男性は
「就職までの繋ぎ」
って人が多く、
一定期間で辞めてしまいます。


問題は女性です。

学歴や資格がなくても出来るので、
高校中退でアルバイトを転々としてるうちに
流れ着いた、
とゆー女の子が多いのです。

それで
そうした女の子の話を聞くと

「東京なんかに行ったら
家賃も物価も高いし暮らして行けない。
婚期も逃す」

と言います。

そうした女の子達は
地元の同窓生と助け合い
シェアしながら
月収十数万円で生活しています。

洋服もリサイクルショップで買って
ワゴンタイプの車を持ってる男友達を中心に集まって、
家飲みやドライブやバーベキュー、
そんな休日だそうです。

いわゆる

「マイルドヤンキー」

と呼ばれる人達ですが、
経済紙では
この層を狙え!
みたいな記事をよく見ます。


けれど、
「偉い人達」
が思うほど、
この層はお金を使わないんではないかと思うのです。

上昇思考が弱いし、
何より、
一番節約している層に
わたしには見えます。


たまにしか行きませんが、
その度に
ファミレスに二・三人、
ドリンクバーで数時間粘ってる若い女の子を見かけます。

ジャージ姿で
椅子に脚を乗っけて
自宅の居間みたいにぼんやりしてて、
ダラダラと雑談してます。

混んでくるランチタイムでも、です。


多分、行く所や居場所がないのでしょう。

前述のショッピングモールには
フードコートがありますが、
規模の割りにテーブルと椅子が少ないです。

こんな風にテーブルを占領して
1日過ごす若い人を増やさないようにです。


「普通に買い物に来たお客さん」

とは違う雰囲気が出てるので
パッと見、分かります。


例えば、
戦争中は
物資そのものがないし、
周りの人達も生活が厳しいので我慢も出来ます。


けれど現代の平和な社会では
手を伸ばせばすぐ届く所に
キラキラ光って見える素敵な商品や美味が溢れています。

なのに自分は何一つ、
手に入れる事が出来ない。







これって





地獄





ですよ。






それでも集える場所が
そこしかない。

そのショッピングモールで働いている人達は
そこそこ安定した生活をしてて
家族がいて、
雇ってもらえる履歴書が書けて
接客の研修も受けてて
小綺麗にお洒落もしていて
輝いている。


わたしも一時、
極貧生活してたんで
缶ジュース一本で
たむろってる若い女の子達の澱んだ目を見ると重い気持ちになります。


何故なら、
そうした子達、
全然楽しそうじゃないし、
会話もネガティブな物ばっかりです。


「お金持ちがプロポーズしてくんないかなぁ」

「できればイケメンがいいなぁ」

「養ってくれんなら、ジジィでもいいや」

「あー。ホスクラ行きてぇ」



近くで
その会話聞きながら
ラーメン食べてたわたしは泣けて来ました。


諦めるしかない、
未来が見えない世の中にしちゃって
本当にごめんよ。

「欲しい物がいっぱいある!
だから頑張って働こ!」

と思う事が出来ない世間にしてスマンよ。


わたしもどっか不安なんです。

だから一生懸命働く事で
その不安を一時、忘れようとしてます。




最貧困女子 (幻冬舎新書)

最貧困女子 (幻冬舎新書)

いつも読んで下さって
ありがとうございます。


ロートルが、
元気はつらつ働くしかないんかなぁ。