読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜になっても読み続けよう。

地位も名誉やお金より、自分の純度を上げたい。

今、小林よしのり氏の本は売れているのか。~その2~

皆様、
おこんばんは。


体調不良で医者に行ったりする他は

ダルダル

なわたしです。


さて
最近ハマってると書いた「イノサン」ですが、
これ、
タブレットで読んでます。

これからは電子書籍のシェアが大きくなると予想していますが、
それに対応出来る、
緻密で美しい絵が描ける漫画家が増える凌駕するのか。

アナログでも
早く緻密な絵を描ける作家なら
デジタル化されても売れるでしょう。

前回のテーマ、
小林よしのり氏の絵ですが
アナログ前回で
しかもアクションの少ない絵です。

ただ、
わたしは
今でも覚えてるんですが
ゴーマニズム宣言」が始まる前に、
ダヴィンチ誌だったように思います)


「最近の漫画はなったらーんっ‼」

とゆー企画をやってたんです。


当時の人気作の
座敷女
などをボロカスに言ってました。


その直後、
ゴー宣が始まって

「ああ、やっぱりな」

と思った記憶があります。


小林氏は
ヒットメーカーとしての自負が強いので、
ストーリー漫画とは違うジャンルを開拓したのです。


「弱者への優しさと
搾取する側への怒り」

が溢れていた「新」が付かない頃のゴー宣は
若い人達からも支持されて、
わたしの周りでも愛読者は少からずいました。


わたしの職場で
小林氏の存在を知っているかと聞いてみました。

小林よしのりを知らない」
おぼっちゃまくんを書いてた人」

と、
いう答えばかりでした。


従軍慰安婦はなかった説」

ですが
読み直してみて

「対価を払った職業」
と書いたり
「民間業者による連れ去りはあったかもしれん」

とブレブレ。


この問題が
なぜ戦後50年経って
ほじくり返されてるのかと言いますと、

被害に遭った国が
ようやく西洋化・先進国化してきて
泣き寝入りするしかなかった人達が
身バレ覚悟で訴える事が出来るようになった、
つまりフェーズの変化があります。

それと
「性をお金で買う事」

どこの国でもありますが、
日本の性風俗は他国と比べると独特です。



「お金を払って行う性行為は
女性への性暴力と
なんら変わりがない」

というように
他の国では変化しています。


んで思ったんですけど。



小林よしのり先生って
















エッチ、下手じゃね?






「相手の立場になって考える」

って事が出来ないというか、
エロスの世界は深遠なのに
想像力がないっちゅーか、

経験はいっぱいしてるんだろうけど
女性は演技するって事を知らないと言うか。


「新ゴーマニズム宣言

の中では
ソープ嬢を

「この世に必要なプロ」

と言い切ってますが…………多分、

ソープランドでは
最高級の女性による
めくるめく素晴らしいテクニックよって
一般女性とでは味わえないエロスの秘技が繰り広げられてる

と思ってるフシがあるんですよね。


それに気付いてないのか
隠してるような気が(笑)。


パリでのテロですが、
大きな紛争のきっかけが漫画だったとしたら、
後生の人々はやりきれなかろう
と暗澹たる思いです。


いつも読んで下さって
ありがとうございます。







テロの被害に遭われた方の
ご冥福を祈ります。