読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜になっても読み続けよう。

地位も名誉やお金より、自分の純度を上げたい。

曽野綾子さんへ。わたし、日本人、辞めます。

歯科の麻酔の注射が
死ぬほど苦手なのに
丸々カートリッジ1本打たれるほど
ひどい虫歯の治療中の水です。


絶叫こだまする千葉県某所から
皆様おこんにちは。


私は本当の所、


「自分の言葉」


を持ってません。


ダメ人間だからなのと
頭悪いし、
何より


「自分で作った造語や概念は
他人からは
甚だ分かりにくい」


からです。


だから、
分かりやすい「何かや誰かの引用」で語ったり、
例え話した方が
今の若い人には通じます。


最近思う事。


サイコパス

増えてますね。


「社長」

って大抵、
「悪人」か「ビョーキ」です。


ところが
代表取締役

「CEO」
は(意味は一緒なのに)「悪人」「ビョーキ」の人が少ないです。


ワザワザ、
「シャチョー」
を選んでる経営者がなんつーか。


肩書きの持つ力に自分で溺れてるタイプ、

とでも言えば分かりますでしょうか?


で、
「社長」
サイコパスの場合

「経営者ですか?」
と聞くと
ほぼ100%



「社長です!(フガーッ!)」

と言い直して来ます。


排外主義、レイシスト、人種差別者。


めっさ、増えてますね。

しかも老若男女カンケーなし。


誰か捕まえては
政治談義したがるヒマなオッサンって
昔からいたけど、
10代20代や
主婦までコレやってる姿は異様です。


曽野綾子さんの産経新聞のコラムが炎上。

萩上チキさんのインタビュー書き起こしです。
http://p9.hatenablog.com/entry/2015/02/18/205213


勝手にリンク貼ってすみません。


問題あれば削除します。


例の
「民族によって居住区は分けろ発言」
です。


それとも一つ。

http://butao.hatenadiary.com/entry/2015/02/20/002727


こちらも勝手にリンク貼ってすみません。


こちらは

「『介護』みたいな汚れ仕事は移民にやらせろ。
言葉も衛生知識もいらん発言」

です。


読み直して
つくづく思うんですが
こら、すごいわ。



「人はいつか歳を取って、
身動きが自由に出来なくなる人もいる」

とか

「どんだけ金持ちでも
他人の手を借りなくてはいけない事もある」


って当たり前の、
誰もが予想してる未来が
ブッ飛んでます。


曽野綾子さんは
100才過ぎても元気にシャキシャキ動けて
トイレへ手を引いてもらう時には
ヘルパーや介護福祉士の顔を
札束でひっぱたけば良いとお考えなんでしょうか。

それとも
超高級老人ホームの
ロイヤルスイートの真ん中の
キングサイズのベッドの上で
ナースコールを札束で鳴らすんでしょうか。


これはもう、



介護の仕事の専門性を上げるしかないでしょうね。


しかも

「紙媒体で論争になってなくて、
ネットでみんなが自分の意見を
勝手に歪曲して
勝手に炎上してる。
ワタシは被害者」


って論旨。


しかも









めっさ分かりにくい。








これは多分、
本当に言いたい事(「介護なんて汚れ仕事はry)を我慢してて
奥歯にキャラメル二個ぐらい挟んだまま喋ってるから
こんな何を言いたいのか
一読では分かりにくい発言
になってるんだろうな。


「どうやったら、たくさんの人を幸せに出来るか」

って意見は
下調べが膨大に必要で
なおかつ、オリジナルで分かりやすい意見が求められるから
たくさん短時間に書けません(私は)。


けど

他人をくさす、貶める、悪口

てのは
スルスルと一気にたくさん出てくる不思議現象でコラムこなしてたんじゃなかろか。


「黒人は大家族」

て所で

「じゃあ、日本人で大家族で
すごくうるさかったり迷惑行為が多い場合は」

などと揚げ足取りたくなるのでございます。


そんでさぁ、
介護の仕事してくれる人が足りないからと
移民を受け入れて
スラムに押し込んで
低賃金で働かせて
その後
老人が減ったらどーすんの。


車の工場がそれやって、
リーマンショック
帰国しろ帰国しろ
と追い出しにかかって
その一番の被害者は







その子供達なんだよ。


義務教育も受けられない
健康保険証もない

何より
パパママと母国に帰っても母国語が話せない。


「日本に来た時点で
人生アウト」

になるのが分かってるのに
おいしい言葉で騙そうとしてて
そしたら
世界中から嫌われるのが予想出来るから
移民には慎重になってる政治家が多いんじゃい。

何年か前に
インドネシアバングラディッシュから
2年間の期限つきで
介護の留学生を数千人入れたけど
ほとんど帰っちゃった。


「孫が祖父母に接する優しい心があれば、
言葉も知識もなくても
誰でも出来る仕事」

のはずなのに、
何でこんなに人手不足なんだ?


「老人、障害者、被災者は権利を主張し過ぎ」


と仰ってますが、
なりたくてなってる人いるの?





ホントは二十歳なのに

「あ、オレ、80才なんです!
年金下さい!」

と『不正受給』してる人がいたら考え直しますが。


だめだ。

だめだ、だめだ。


こんな「立派な肩書き持ってる立派な人」が

「『差別』じゃありません!『区別』です!」

って子供みたいな言い訳してる。

この国は
もう未来がないよ。



皆様。


私は
現時点を持ちまして












日本人を辞めさせて頂きます。








私の国籍、社会補償、学歴職歴、もろもろ

「たまたま日本という国に生まれただけで得てしまった恩恵」

ですが、

返上や
ブン投げは難しいそうです。

ですから
存分に


「日本で暮らして行けるようにしたい人たち」


のために


有効利用させて頂きます。





これから私の名前は









カルロスだ!




マリーアでも
ジョゼでも
グレイでも
好きなように呼んでくれ!



そして
保険証がない外国人子女に
安くかかれる歯医者を探す!



天上の青〈上〉 (新潮文庫)

天上の青〈上〉 (新潮文庫)

天上の青〈下〉 (新潮文庫)

天上の青〈下〉 (新潮文庫)

曽野綾子さんが書いたサイコパスと独身中年女性の純愛物。




昔は名作書いてたのになあ。



いつも読んで下さって
ありがとうございます。






カルロス