読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜になっても読み続けよう。

地位も名誉やお金より、自分の純度を上げたい。

生活保護受給者が死んだ時、いくらお金が何にかかるのか。

相方のお兄さんが亡くなった事については
前回の日記に書きました。


そんなこんなで
クタクタの千葉県某所より
こんばんは。





お兄さんは







生活保護受給者でした。



受給金額、138,000円。


ここから家賃、インフラ、日々の食事の買い物、
それと雑費ですね、
東京の真ん中で暮らすにはギリギリの金額だと思います。


私と相方が
まず、やった事は
日曜日なのに区役所訪問。


生活保護受給者には各自ケースワーカーが付くので
その人に連絡するためでした。


電話が繋がらないので直接行きました。


生活課では模様替えしてて
捕まえたスタッフは



「課が違う」

「今日は日曜日で休み」

「分からない」


の連チャン。











ブチッ(⬅水の右側頭葉辺りの血管が1本、切れた音)







水「(相方を押し退けて)

…………休みなのは分かってるんですよ、ええ。


警察から

司法解剖終わったんで、すぐに引き取りに来て下さい』

と一晩中電話があって
早くに葬儀社決めて動かなきゃならないんですよ、はい。







こちらの区役所や区では








『土日祝日に
人間は急病になったり死んだりしない』


って事になってるんですか?



病院でも介護施設でも
休日は
フリーで動けるスタッフを常駐させてるモンですが」









真っ青になったスタッフは

「……………………あ、あの、上の者を呼んで来ます(ダッシュ)」













先にそうせい‼


何が問題かと言いますと
勝手に葬儀した場合。

後で


『これだけの葬儀出せる親族がいるんだったら、
やっぱり、保護費返して』


とゆー事になりかねんのです。


それから

生活保護

の「支援」てのは
どこまでかと言いますと

生活費
医療費
葬祭費


も含みます。


お兄さんは場合は
20万円まで。


これは地域によって差額があります。


もう一つ問題は


生活保護の範囲で葬儀を出す」

「全部、遺族が出す」

かしかありません。


生活保護費で半分、残りは親族が出す」


という事は出来ません。


でないと
同じ生活保護受給者でも
お葬式のグレードがバラバラになってしまうからです。


それと
葬祭扶助の範囲で葬儀を行う場合、
本当に必要最小限の内容になります。


お清めとお経と
後はお骨にするだけ。


豪華な花輪や飾りや供え物はありません。



葬儀社は
ケースワーカーが探してくれる、
区役所と提携してる事が多いです。


今回のように
土日で連絡がつかない
葬儀社のスケジュールが詰まってて
早くに手配しないと
しばらく葬儀が出来ないというような
急な場合、

葬儀社が生活保護の葬祭扶助の範囲で執り行ってくれるなら
事後承諾でも可能なケースもあります。



何でこんな事を書いてるかと言いますと

東京の山手線範囲は
孤独死が多いのと
季節がらか
どの葬儀社もスケジュールが一杯なんです。


遺体を一週間保存、
てな場合
大量のドライアイスが必要になりますから
やっはり扶助範囲を越えてしまいます。



こうした『横の連絡の悪さ』を調整するために
ケースワーカーが必要なんですが、
東京は
一人で百人くらい担当してるので
前述したような混乱が生じるのです。





次に
賃貸物件に住んでいた場合、
事故物件になりますので
補償を請求される事もあります。


新聞、インフラ、通販での買い物など
調べあげてストップしてもらわないといけません。


郵便物も転送してもらう必要があります。



何より、
遺品整理が、ひと仕事です。


生活保護受給者の亡くなった後の
金銭的、物理的コストが
安くはないという事は






生活保護を受給していない人が
電車に飛び込み自殺で亡くなった場合、
想像もつかない補償を請求されますし、
葬儀も
遺体を綺麗にするために
相当、手間をかける事になります。





遺品の整理ですが
ぼちぼち始めています。

夜の高速は物悲しいです。


f:id:slowstudy:20150419132547j:plain


葬儀が終わったら
ガックリ来るんだろうなぁ
と思っています。


今は忙しさで動いてるからです。

f:id:slowstudy:20150419184545j:plain




いつも読んで下さって
ありがとうございます。


簡単に飛び込み自殺しようと考えてる人は
本当に止めてね。


「死んだらカンケーない」


てのは
クズの言い訳だから。