読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜になっても読み続けよう。

地位も名誉やお金より、自分の純度を上げたい。

集団ストーカー~1.誰が彼女を壊すのか~

月曜日から
また大雨になるらしい千葉県某所から
おこんにちは。


いろいろ調べ物してました。





「集団ストーカー」





について、でした。

ガスライティング

と呼ぶ人もいます。


何冊か本を読みましたが
もー、
私自身、脳内電波ゆんゆんになりそうでした(涙)。


職業柄、


「自分は既知の組織に集団でつきまとわれていて、
電波や電磁波や超音波で攻撃され
日常の全てを盗聴盗撮されているだけでなく、
思考まで読まれ、
テレビやラジオにそれを流され
日常生活に支障をきたしている」



とゆー相談をたまに受けます。


その人その時に合わせた対応をしてきたんですが、
何だかここ数年、
急増しています。



このテーマを今回、書こうと思ったのは
きっかけがあります。


とあるイラストレーターさんが


「ある日、突然、集団ストーカーに遭うようになった」



サイトのコラムに書き始め、
集団ストーカーの被害を訴える冊子も同人で販売、
その内容の一部を見た時に
衝撃を受けたからでした。



あえて
リンクなどは貼りませんが
コスメやファッションのコラムなんかで
よく見かける綺麗なイラストを描いている方です。


おとなしめですが
女性に好感を持たれる柔らかいセンスのイラストです。


若い女性なら
ネットで一回は見たことがあるのではないかと思います。


それが本当に


「ある日突然に」


道行く人達が全て
自分を監視している


パトカーや救急車のサイレンで威嚇している


「お前を監視しているぞ」

ほのめかすために
マスクを着けていたり携帯電話をもっていたりする


バッグに着けているキャラクターグッズや
Tシャツやバッグに印刷されている文字は「工作員」同士のメッセージだ



というように
世界が変わってしまったのです。


自転車が通るのも
ほのめかし。


車が通って
同じ数字の並んだナンバーなら
それもほのめかし。


ですから


f:id:slowstudy:20150712110233j:plain


上記のありふれた風景も


f:id:slowstudy:20150712110220j:plain



本人に取っては
ホラー映画のごとく
おどろおどろしい威嚇と攻撃に満ちた光景に見えています。


十年間くらい前だと
こうした訴えは
何でもかでも統合失調症にされる傾向がありましたが、
最近は少し違うようなんですよね。



単なるストレスによる疲労や
神経症といった軽い病気でも
この状態に陥ってしまう人がいます。





一番変化した事は
これらの監視や威嚇だと本人が思っている現象を系統化し、


「誰が何のために」


かを説明しているサイトが多数登場したのと



「被害者」


の人達が積極的に
ネットを通じて仲間を探すようになった事です。




「これは新興宗教の○○(サヨクやウヨクやユダヤだったりします)による、
警察や医師会を含めての組織的犯罪」


だと「仲間」が言います。


けれど
症状に病名付けても
病気が治る訳ではないし、
こうした「被害者の会」に参加して
状況が改善された、


てな話は
私は聞いた事がありません。






更なる問題は
こうした人達がネットにたくさん現れるにしたがって

「救済の会」

みたいな物を作って
政治的に経済的に利用しようとする人が出てきた事です。


よほどバカに出来ない人数の人が

「集団ストーカーで困っている」

らしく、


ある時は選挙の票田に
ある時は活動資金集めに
ある時はデモに


利用されています。



「被害者」の人達への
介入の難しさは
病気である自覚が低い事もありますが、



「自分以外の人間は皆、敵」




だと思っている所です。


一歩、部屋から出たら
宅配員が監視してる、
コンビニに入ったら
店員が商品の補充をしているフリをして監視している、
行きつけのスーパーに行ったら
いつも買ってる商品が売り切れてて
これも自分に対する嫌がらせである



と世界の全てが
自分への敵意に満ちています。


そして
「被害者の会」
では


精神疾患に仕立て上げて
社会的に抹殺するのが奴らの目的だから
病院に行ったりしないように。

病院に行くようにすすめて来る人物も

工作員

だから
付き合わないように。

古い友人も家族も信用しないように」


と牽制します。


「仲間」が治療で治ってしまったら、
自分の見えている世界を否定されてしまうからです。






こうした人達の家族から
何回か相談されてきた私ですが
いろんな機関が介入し手助けしても
ネットから引き離さない限り、
長期化するケースがほとんどです。



この「集団ストーカー」から



「生還」




した人を
二人だけ知っています。


次回以降、
それをご紹介します。



集団ストーカーと言う被害妄想ガスライティングと言うマインドコントロール: 被害妄想とは何か、その原因と対策



いつも読んで下さって
ありがとうございます。


そーゆー映画もあったなぁ。


f:id:slowstudy:20150712121612j:plain