読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜になっても読み続けよう。

地位も名誉やお金より、自分の純度を上げたい。

ボーイズラブを読んでみた。~「絶愛」尾崎南他~

皆様、おはようございました。

歯科でどうやら
歯の神経が上に生えてなくて横になってる部分があるらしく(略)。

あの歯科の麻酔がスッゴイ苦手でして
不整脈が最近ひどいくて(どーたらこーたら)」
と騒いで嫌がる私に熟練の歯科医のセンセーからは
「今日は暑いですねー」
と言われながら針をブッスーと刺されて悶絶。

麻酔が効くまでの間とか待合室で待ってる間とかに
BL漫画を読んでみました。

とりあえず売れ筋のをチェック。
単行本化されるのはソコソコ人気のある作品だけで
この辺りはレディースコミックと同じです。

「お金がないっ」

お金がないっ  (12) (バーズコミックス リンクスコレクション)

お金がないっ (12) (バーズコミックス リンクスコレクション)


三谷監督の有名ドラマと同タイトルですが、それはさておき。
んー。

受けの男の子が小さくて丸っきり女の子に見えるんですよね。

で、攻めの男は
イケメン・長身・金持ち
と王道。

昔の少女漫画のように
「キスより先はない」
なんて事を、読者が信じてない時代になって、けど、あんまり生々しい物はNG
の過渡期からグルーと回って、ティーンズラブというジャンルになったんだなと思います。

レンアイに重きを置いてない正統派少女漫画も頑張ってますが。

こちらは雑誌。
の一冊。
「ビーボーイ」で出てきます。

VOID (ビーボーイデジタルコミックス)

VOID (ビーボーイデジタルコミックス)

「in there wards」
って作品を紹介したかったんですが
電子書籍のみのようです。

人物のデッサンがひじょうにしっかりしてます。
ですから、性描写がキワドイです。

それと、男性のメンタリティーがどれも深く考察されてます。

男女間のような、ねちっこさがなくサバサバ。

台湾の方が書いてたり
こんな世界にもグローバル化が及んでいるのをヒタヒタと感じます。


ラスト、一番の、いろんな意味での問題作。

リアルタイムで読んでないので
ネットで叩かれてる理由が分からなくて
まあ、現物を読めば分かるかと思って読んでみました。

普通に面白かったです。

ただ、めっさ疲れましたが。

私って、やっぱり、アホ?

主人公が二人いて
一人はミュージシャン
一人はサッカー少年なんですが
元々、有名サッカー漫画(こっちも私は読んでません)の二次創作で大人気。
商業誌で連載開始。

同人誌時代から数千万円稼いでらしたとか。
ただ、元ネタから上手くオリジナルに消化してるように思います。

肝心のストーリーですが
90年代に流行った、バブル期のトレンディドラマから派生した、
ジェットコースタードラマの漫画版です。多分。

毎週回、誰か殺されるというような。
そのくらい、二人を襲う不幸の嵐は半端ないです。

サッカー少年が留学、それを止めようとミュージシャンがバイクで事故って瀕死とか(この辺りで思考が停止しました)、序の口。

二人とも、親のせいで深いトラウマ持ち。

カルマは巡るよ、どこまでも。

死ぬの殺すのと
ひじょうに忙しいです。
しかも、上手くいきそうになると
ケガとかケガとかケガとかします。

サッカーの試合の話で
敵チームの男性のデコに
サッカー少年が自身のデコをぶつけるシーンは爆笑しました。

一発で、レッドカードだよ(泣)。

それと、出血してる間はフィールドに入っちゃダメなんだが。

サッカー少年がケガでリハビリするターンは
きちんと取材したのか調べたのでしょう。

トラウマについても医療関係者の対処の話とか結構、正しいです。

連載再開してからの絵柄と
中期(?)までの絵柄があまりに違うので
それもバッシングの材料にされてますが
作画をデジタル化して
失敗してます。
これは、まあ、慣れの問題もあるので、また変わるんではないかと、ファンではないので楽観視。

中期(?)の頃のキャラを見ると
今ブレイクしてるTL作家にかなり影響を与えたんだなぁ
と感慨深いです。

さてはて、主人公二人は
しょっちゅう不幸のズンドコの中ですが






不幸な状態が好きなんじゃないの?






同性愛やゲイって
そんなにマイノリティーな時代でもなくなったし。

苦しいとか痛いとか
快感より自分の存在が確かな気になるし。

ミュージシャンの外観がどんどん、変化していくので、目が痛いです。
最初はもろにビジュアル系だったんですが
途中から変わってきて
最終形態がブラッド・ピットみたいに
しまいには(第四形態)オラオラ系に(泣)。

それと、この二人


いつ、ヤッたの。

いやーん。よく分かんな~い。

だって、「恋」って
ベッドに行くまでが長い前戯なんですよ。
ヤッたらサバサバ。
それがオトコってモンでしょう(一部、オンナも)。

それに
男は「誰かに惚れない」からカッコいいのですよ(誤変換で「掘れない」になった)。

それが、運命だの生き甲斐だの心の支えだの言って、誰かを追いかけ回す。

そんなオトコに
あなたは惚れますかぁあああああっ⁉

(また「掘れない」になった)

サッカー少年は割りとプレーンで
同じキャラなんですが
ミュージシャンのキャラがブレブレ。

ただ、実際にゲイの方に聞いた事がありますが
男性同士でも
どっちかが「妻」みたいになってしまったり
「女の腐ったような、としか表現出来ないウェットな性格になる」
そうです。

日本の構造問題が、そんな所にまで波及してるんです。
女性同士の場合は男性並みに稼ぐのが大変なんで更なる困難がありますが、子供が産める
てのが救いになってます。
精子は買えるし。

話を戻して、ミュージシャンの方が
単なる恋から愛へ昇華させていくプロセスで、ケガとかケガとかケガとかの困難が必要な訳です。

サッカー少年の方はミュージシャンの方とは違う形で好きではあるようですが
これは男女間の恋愛と同じようにはならんだろうなぁ。

絵柄の変換が激しくて、漫画でこんなに疲れたのは久しぶりでした。

ただ、ネットで叩かれてるような駄作ではないです。

こんだけ、恥も外聞も家族も仕事も
かなぐり捨てて
ボロボロになっても追ってくるって
冥利に尽きる…………え、違う?

本宮ひろしの漫画の男性みたいに
「一生、女はお前一人だけと決める!だから、お前もオレを選んでくれ!」
っつーよーな、骨のある男が減ったから
世の中、少子化になってるんでしょう。

好き嫌いが分かれる作品ではあると思いますが
本当に普通に面白かったです。

おすすめは…………あの、BLもTLも
何でこんなに

レイプが多いの。

「風と木の歌」はもう、金字塔と言うより
サンクチュアリなんで、今回はアップしてません。


いつも読んで下さってありがとうございます。

yesもnoもありゃしない
他のヤツに盗られても
どうせお前はいずれ
どっちみちオレのモノ。