読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜になっても読み続けよう。

地位も名誉やお金より、自分の純度を上げたい。

子猫の売り方。

眠くて眠くて冬眠しそうな
千葉県某所から、おこんにちは。

仕事が終わり、相方が迎えに来てくれました。

それで、私の住まう市内に突入するかどうかの場所で
突然、車を端に寄せて停まる相方。

水「どしたの?」

答えず無言で出ていく相方。
両手に何か抱えてます。

やはり無言で車に戻る相方。

相方「…………どうしよう」

子猫でした。

近くには親猫らしき姿はなし。
相方の手の中ではジタバタ暴れていた子猫。
私の膝の上では観念したのか、大人しくなります。

水「むー(-_-;)」

夜は寒いし、公道で放置してたら確実に死にます。

かかりつけの獣医さんに電話。

水「かくかくしかじかで子猫を拾ったんですが、タウン誌に飼い主募集をかけるのと、お金はもちろん払うので三日ほど預かって下さい。
獣医さんの所にいた方が貰い手が多いと思うんで」

獣医「じゃあ、これから連れて来て下さい」

獣医さんの診察室にて。

子猫「フシャァーアアアッ‼」

獣医「ノラっ気強いなぁ、お前。フムフム。メスですね」

光の下で改めて見ると

うわ、この子、むっちゃ可愛い!

f:id:slowstudy:20161109152203j:plain


水「二回目のワクチンも私達が払います。三日経っても貰い手がなければ、うちで飼います」

獣医「じゃあ、お預かりしますね。
ノミもいないし、ノラにしては綺麗ですねぇ。親が大事にしてたんでしょうね」


しかし空腹だったらしく、初めて見たであろうキャットフード
威嚇しながら食べてます。

帰ろうとすると
(o´・ω・`o)←こういう表情をします。

ちなみに一泊5,000円、ワクチン一回5,000円です。

帰宅して溜息ばかりつく相方。

相方「……どうしよう。うちで飼うにしても金がかかるし……」

水「…………腹をくくって下さいっ‼
その時は私が今以上に稼ぎます!
残業して残業して残業して!

それにあんな暗い道の上の
ちっちゃな子猫を見つけてしまうんだよ、あなたは!
選ばれてしまったの!
しっかりして下さいっ‼」

相方「うん。うちの子になるなら、ちゃんとしよう」

とか、かんとか
一夜明けて翌朝。

獣医さんからお電話。

相方「はい、どうかしましたか?」

獣医「朝早くにすみません。
昨日の子猫ですが







今、貰われていきました」


( ゚д゚)←相方


タウン誌の「あげます・譲ってください」コーナーは無料で
それを早朝に見て
二組のご夫婦が見に来たそうです。

一組は若いカップル。

もう一組の初老のカップルに貰われていきました。

詳しく聞くと、愛描が亡くなって数年。
(以下想像)
こんなに辛いなら、もう二度と生き物なんて飼わないと思ーう♪(槇原敬之風に)
けれど、奥さんの元気がない。
あ、「子猫譲ります」だって。
見に行くだけなら良いか、さあ、朝の散歩を兼ねて行ってみよう。
お母さん、行くぞ。
えー、だるいなぁ。
見るだけですよ、お父さん。



数時間後。



「おーよしよし。今日から、ここが君の家だよー♪」
「あなたばっかりズルい。私にもモフモフさせて」
(想像終了)


すっかり覚悟を決めていた相方。

いや、私は
子猫だし、器量良いから、絶対、貰い手つくと思ってました。

後日。

相方「何て名前をつけてもらったんでしょうか」

獣医「えーと。






伊集院・マリー・アントワネット





だそうです」

水「(ノ∀≦。)ノ(ゲラゲラ笑っている)」

相方「…………アントワネット……伊集院さんちに貰われたんですね」

獣医「子猫で、メスなのと
やっぱり可愛らしかったですからね」

相方「それにしても…………アントワネット…………」

何か納得がいかない様子の相方でしたが
お金持ちのおうちらしいので、とにかく良かったです。

子猫を拾ってしまったら
タウン誌など活用してみて下さい。



いつも読んで下さって
ありがとうございます。

オスなら
ボナパルトだったのか。