読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜になっても読み続けよう。

地位も名誉やお金より、自分の純度を上げたい。

零~女の子だけがかかる呪い~

注※ネタバレあります。

意味不明の部分は例によって
解読しながらお読み下さい。


【映画予告編】劇場版 零~ゼロ~ (2014) - 中条あやみ,森川葵,小島藤子

えーと、皆さん、こんばんは。
あたしはアヤと言います。

ミッション系の女子高の全寮制の学校の高校三年生。

この映画はね
「零」
っていうホラー・ゲームのシリーズのタイアップ作品で
ゲームの方にはない世界観
って事でよろしく。

舞台はクラシカル女子高。

このブログの中の人
似たよーな、半寮制のミッションスクール&女子高に通ってたそうで……って
少子化の煽りを受けて
共学・特別なクラスだけ寮生可になっちゃって
この学校みたいなのはレッドカラー・コードっつーの?
絶滅危惧種よ!

んで、最近、卒業を控えて神経質になってるせいか
怖い夢を見るよーになっちゃって
部屋に引きこもってたのよ。

あたしって、何か百合っつーか、まあ、女子しかいないからだけど
カリスマみたいに扱われてメーワクしてるのよねぇ。
好みの人間に理想の自分を押し付けてるような、幼稚な感情は分かんない。

引きこもってる間に
生徒が数人、行方不明&後日水死体でハケーン!

みんなは
「片想いの相手の写真に
今日でも明日でもない深夜の0時ぴったりにキスすると両想いになる」
とゆー噂を信じて…………って、だからって
何でみんな、あたしの写真にキスするの!?

あたしは百合とか分からんと言うとるやろがっ!

その写真てのはスマホとかを介して拡散されるんだけど
どーも、あたしじゃないの!
似てるけど別人なの!

f:id:slowstudy:20161120233332j:plain

次々行方不明になる生徒やら
講堂であたしの幻か幽霊が(あたしは死んでないっつーの!)降臨!

JK次々ブッ倒れの阿鼻叫喚。

騒ぎは大きくなるし
シャレにならない事態になって来たので
あたしはついにヒッキー終了。

信頼できるミチってゆーショートカットが似合う
写真が趣味って友達と真相を解明する事にしたの!

あたしに似た幻か幽霊が(だから死んでないっt)言うのは
「私の呪いをといて」。

これを聞いた生徒は居なくなってしまう。

f:id:slowstudy:20161120233345j:plain
貧血の少女ではありません。

あたしは生きてるのに何もしてないのに
みんな人殺しだとか言うし殺されそうになるし。
って、幽霊を殺すって( ;∀;)

この学校のOG自称のゴスロリ・オバサンのメリーさんやら
黒鷺宅配便の人やら
とにかく余計な人物、多すぎ!
ストーリー原案の大塚英志先生の他の漫画の原作キャラがかぶりまくり。

それと若いシスター&教師の麻生先生と
その弟で片足が悪く自閉症の弟・タカシとか
怪しいフラグ立ちまくり。

妙齢の姉弟が1つベッドで寝てるって
もう訳ワカメ。

とにかく、今は埋め立てられたけど
湖のあった頃は
学校の生徒が百合で入水心中したりしてたんだって。

メリーさんの実家は写真館で
昔はあたしの学校が
いわゆる女学校だった時から
生徒がよく来て
互いの写真を撮ってもらい
写真にキスして
死んでも離れないようにって
おまじないをかけてたらしいの。

あたしに似た女の子の写真は
このメリーさんの息子さんが
幽霊も写せる不思議な写真機で撮ったのが(ゲームでは、このカメラがメインアイテムよ♪)
生徒の手に渡ってしまったんだって。

真相解明は中々進まず
あたしのそっくりさんは何がしたいのか分かんない。

f:id:slowstudy:20140802130426j:plainあたしは忍者か?

女子高っていう閉塞された空間での
集団少女ヒステリーだとか
メリーさんのオバサンになっても
「少女をこじらせてる・子供までいても大人になりきれない鬱々とした何か」
とか、ホントに監督・脚本はよく分かってらっしゃる。

それでいて将来、なりたい自分を夢見てるトコとかね。

ミチはあえて
自分が呪いにかかってみると言うので
例のおまじないをして
二人で手首に赤い紐を結んで寝た。

予想通り、ミチは夢遊病みたいに動き始めた。

追っていくと
麻生シスターの弟に殴られて昏倒。

気付いたら森の奥の浄水所に投げ込まれてた。
ヤヴァイ!

って言うか、これ普通に死ぬ。

そこで分かったのは
あたしには双子の姉がいて小さい頃に殺されていた。

暗い水の底で心中した少女の想いを吸い取って成長していたの。

そして、あたしはその事を覚えてて
怖くて意識の底に隠していたんだと分かったの。

お姉ちゃん、今まで一人にしてて、ごめん。

麻生先生の弟は
毎日ここに来て花を捧げ
麻生先生本人は
遺体の発覚を恐れて近付く生徒を殺してたんだそうだ。

メーワクな姉弟!

とにもかくにも
あたしとミチは、お姉ちゃんが助けてくれた。

ありがとう、お姉ちゃん。
そして、さよなら( ノД`)…

麻生先生と弟は
もはやこれまでと心中に近い水死。

浄水所からは
幼いお姉ちゃん遺体が見付かったの。
よかった、これで供養が出来る。

卒業式を迎えて
最後にミチが写真を撮ろうと
メリーさんの息子さんから例の不思議な写真機を借りたんだけど
ファインダー覗いて撮るのを止めちゃった。

だって、死んだ友達はみんな、ここにいるんだもん。

同級生は卒業後はそれぞれの道を行く。
ミチも東京で写真の学校へ行くんだって。
あたしはこの街に残るよ。

お姉ちゃんの分まで生きて、大人になるんだ。

ところでさぁ、そもそも、あたしのお姉ちゃん……………………本当は誰が殺したの?

…………学園長、あんたが黒幕かぁああああっ!


実はね、このブログの中の人の学校でも
自殺があったんだって。

そんで思ったのは
やっぱり





「この季節は一度きりの短いものだから良い」


って事。

儚いからゆえの輝き。
大人になって
ケコーンして子供産んで育てて
オバサンになって
「あー、野菜高い」
とか生活に疲れた日に
ふと思い出す美しかった日々だからこそ
価値があるんだって。

自殺だけでなく
女の子特有の集団ヒステリーや
講堂でみんなが倒れて行くってのも
実際に体験してるんだって。

原作の大塚先生は
「自分に真のオリジナリティーはなく、既存の作品の切り貼り」
と言ってるけど
とてもそうとは思えないよ。

女の子の心理とかよく分かってるし
これは奥さんが元・少女漫画家の白倉由実さんてのが大きいのかも。

水がモチーフの映画で
最後の方は貞子状態なんだけど
水ゆえの映像美も見物。

行く河の流れは絶えずして
しかも元の水にはあらず
人も同じだよね。

女の子だけにかかる呪いってのは
存在すると思うんだ。

「少女のままでいたい」

ってやつ。

ブログの中の人は
ま、あたしはとりあえず
つまらない大人にはなりたくないなぁ
と思ってたよ
と言うんだけどね。

それと、この映画にはたくさんの女の子が出てるけど
まだ芸能人として本格的に「お直し」されてない子が多くて
そこがまた、少女ってイキモノの浮遊感を出してるってのがオススメかな。

卒業式も終わったし、さて、どこに行こうかな。

ん?あたしは女の人なら
みんなの中にいるから
いつでも会えるよ。

だって呪いそのものは終わってないと思うのよね。
あたし達が卒業しても
また新しい女の子達が入って来る。
そして終わらせたくない少女の季節を呪いと一緒に抱く。

それに、いきなり「全身オバサン」って生き物になる訳でもないし
「乙女心」
は幾つになっても持ってるモンでしょ?

じゃあ、またね。

どこかで会えるよ。

いつも読んで下さって
ありがとうございます。

私が入っていた寮は
ご飯が美味しかったです。