読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜になっても読み続けよう。

地位も名誉やお金より、自分の純度を上げたい。

カフェはネタだらけ。

生暖かい風が、きぼち悪い千葉県某所より
おはこんにちは。

東京に用事があり
相方に同乗させてもらました。

で、用事が済んで
カフェ、つーか、ドトールみたいなコーヒーショップで相方待ち。

お店の方には
「たくさん注文するんで、長居してもいいですか?」
と聞くと
アイドルタイムだから
たくさん注文しなくても良いですよ
と仰って頂けました。

んで、ランチタイムになって
お客さんが少し増えてきました。

サラリーマン二人組。
一人は先輩で何故か関西弁。

先輩「兄貴、元気か?」

後輩「相変わらずですよ。
仕事しないで
今度は『パソコンの専門の勉強をする!』
と息巻いてます」

先輩「それってダメなニートの言い訳の入口やなぁ」

後輩「親も諦めてます。独学でなんて大した事も学べないけど
『専門学校の学費なんか出さん!』
て親父が」

先輩「弟の君がこうやって、しっかり会社員しとるしなぁ」

後輩「兄貴が言うには
『決められた時間に起きて出社して、与えられた仕事してるだけの、つまらないヤツ。
オレはアフィリエイターかユーチューバー目指す!』
と」

先輩「うわぁああっ、もう手遅れかも」


うーん(ーー;)
この人のお兄さんが心配。

隣にテーブルを挟んで男女が。

男「販売して頂きたいのは
乳液入りのシャンプーとピーリング剤とリフトアップ化粧水です」

ど、どういう間柄?
乳液入りのシャンプー?
それはすごい。
と、耳をそばだてる私。


男「乳液はともかく、ピーリング剤とリフトアップには
ポリマーが入ってまして」

あ、両方とも塩化ビニールなんで
ピーリング剤は
塗って擦るとポロポロ落ちて来るのはポリマー、
リフトアップの場合はビニールを顔に貼って
ピシッ!としわ伸ばし!
なのは知ってます。

女「メイク用品は」

男「原価が安いので薄利多売でも儲かります。
口紅の場合は、一本10円で作っています」


えええええっ!
それを数千円で買わされてるの!

何か、どういう人達か分かりませんでした。


隅っこの、充電器やルーターのある席で
オサレな若い男性がノートをパコパコ。

画面には
ノマドになるための10のなんたら」
「自由な生き方のための20のどうたら」
「会社に依存しないための46の」
がチラ見え。


項目がドンドン増えてるのが気になります。


入口近くのテーブルに
ちょっと賑やかなオッサン四人が。

なんか

「香典返し」

が耳に付きます。

全員服装はカジュアルで
リーダー格の人が三人に文句を言ってます。
商店街の集りらしいです。
先日、商店街の偉い人が亡くなり
この数人で葬儀をやったのだけど
香典返しが貧相だった、弔問客に恥ずかしい
という内容。

リーダー「あれだけの額の香典を頂きながら、あんな香典返しでは○○さんが可哀想だ!
香典返しは半返しが基本なのに
香典返しがそうは見えない。
香典返しで故人や家族の力量が計られるのに
香典返しでみんなダメになる。
香典返しは故人の業績に相応しい物でないと
香典返しの意味が」


ヒートアップしてきて


「香典返しの香典返しによる香典返しのための香典返し」


とか話がスゴい事に。


途中まで

「何回、『香典返し』を言うのだろう」

と数えていましたが




46回当たりで



疲れたので止めました。


相方が来たので
お店の人にお礼を言って出ました。

で、前述の話をしたら

相方「人間って面白いだろ?」

と言いました。

芸人より、普通の人の方が面白い時がある理由。

まず、笑わせようとしてない事。
次は




暴走するから。


火花


いつも読んで下さって
ありがとうございます。

もちろん会話の内容は
特定出来ないようにディティールを変えております。

それでも
「ヤバい!これ、オレだ。
消して」
と言う方、お気軽にコメント欄に書込みお願いします。