読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜になっても読み続けよう。

地位も名誉やお金より、自分の純度を上げたい。

52才・主婦が「ポケモンgo」をやるのに必要だった物。

おはこんにちは。

えーと。

先日のブログでは
ポケモンgoとタイトルに入ってるだけなのにアクセス数がすごくて驚きました。
おそるべし、任天堂


もしプレーしてない方がいらしたら






ぜひにプレーをおすすめします。


楽しいから。


ただ、必要な物がございます。


『ブツ編』

1.飲み物or水筒

めっさ歩くので、車移動でも暑いので必需品でした。

当たり前ですが、コーラとかは辞めた方が良いです。
余計に喉が渇いて大変でした。


2.ハンカチ・タオル
めっさ汗をry

天候によっては帽子も必要だと痛感。


3.携帯ホルダー

これは本当に持たずに外出して後悔しました。
場所によっては足元が危うかったりするからです。
若い人ならヘーキでスタスタ歩ける場所でも
わたしみたいに足腰弱ってるとグラグラして怖い場所もあるので
手首に巻き付けるタイプより
首からぶら下げるタイプの方が良いかも。


4.リュック&小銭
リュックは両手が空くので便利です。
わたしは普通のトートバッグで歩いてて、あんまりデンジャラスな場所には行かないようにしました。

小銭は飲み物を買ったりする時のためです。

5.ウォーキングシューズ
サンダルやミュールで散策してる人達は
みなさん


「足が痛い~っ!疲れた~っ!」


と同伴者(男性)を困らせていました。
ポケモンマスターにゆるふわコーデは必要なし、かも。


6.小さめのスケッチブックかメモ帳&ペン

これはでございますが。

外国の方が結構、さ迷ってらしてて
その時に道案内の地図を書いて渡したら

「オーウ!アナタ良イ人ネー!
今度はワタシの母国で会イマショウ!」

と喜ばれます。

近場のポケストップになってる寺社仏閣は観光を兼ねるし、
アクセス方法が分からない人にはバス停、
外国からの旅行者は普段の食事などは倹約されてる事が多いので
スーパーなんかも教えてあげると助かるみたいです。

「来週、ベルリンで会イマショウ!」

……ちょ、それは無理。


7.地域情報誌や市内広報

前もって読んでおくと便利です。
ポケストップはマクドナルドの他、市役所や図書館などの公共施設にある事が多いです。
が、グーグル先生には
更なる情報が分からないのか
行ったら


工事中で入れない



とゆー事がありました。

そうした事態を避けるためにも、チェックしてます。




『心得編』

1.モチベーション
この歳でプレーするは何かもう……って方。
わたしは

「これは壮大なマーケティング・リサーチ(の一つ)」

だと思い込みました。

それか
「まあ……ブログのネタにちょっと……」
です。
こんだけの人が夢中になってたり、あるいは全く興味がなかったり、なのは何故か。
プレーしてみたら分かりました。
自宅でずっと動きたくない、タイプの人達が否定的なのも、歩かないとどうしようもならんルールのせいでしょうか。

やりこみしなくても
普段の散歩のついで、とゆー気持ちでプレーしてました。
でないと倒れます。

2.最低限のコミュニケーション能力
挨拶をよくするようになりました。
スマホ片手にウロウロしてる親子に
「捕れましたか?」
と聞くと
お子ちゃまは得意気に画面を見せてくれます。
親御さんはやり方が分からなくて困ってる人もいます。
教えてあげたり、もらったり。
良い1日。

けど、このお子ちゃまは
何故かイーブイばっか何匹も集めてました。
謎。


3.マナーとかリテラシー
病院や学校や塾の近くではプレーしないとか
そーゆー当たり前の事ですが
マナーてのは
他人に迷惑をかけないだけでなく
他人に迷惑をかけられないための物だと
この歳にして分かりました。

車はもちろん、徒歩での急なUターンとか
後ろから来てる人には危ないんですよね。
ポケモンがいる!
でも通りすぎた、て場合
縁がなかったと諦めプレーしてました。


4.時々、スマホから目を離す
え?こんな所に公園って、あったけ?
と新しい発見がありましたねぇ。
これは本当に驚きでした。
自分が普段、いかに決まったルーティンで動いてたか
それがいろんな事を見逃すと痛感しました。

季節的にも今は、空も風も1番元気で美しい時ですよね。
愛でられる幸せをゲームから教わるとは思いませんでした。


5.セーフティ意識
大型ショッピングモールの駐車場などは危ないです。
子供が急に飛び出して来たりするので
運転してる人は気を付けて下さい(子供はいつでも、そうか)。

暗くなってるのに
人気のない公園をグルグル回ってる若い女の子や
暗い水辺にいるお子ちゃまには
さりげなく帰るように声をかけてました。

変質者扱いされたくなかったので
近くで
ツリモジュールなど有償アイテムを使い
ポケモンを呼び寄せるとみんなが寄って来ます。
捕らせてあげて
帰宅するように優しく言います。

男性の場合、間違っても
メアドやLINE交換など求めず
「また、このポケストップで会えたら良いね」
と疾風のように去りましょう。

「うわ、あのお兄さん、カッコいい」

と彼氏彼女の記憶に残ります。





ただ、子供って本当に楽しそうに遊んでますよね。
ポケモンgoをやらせないと決めてる親もいますが
まあ、なんちゅーか。

大人がこんだけハマってるし。

ジムのエリアに行くと
大人がゾンビのようにウロウロしてました。

三日で飽きた、って人も多いです。
それも何となく分かります。
RPGみたいな、クエストとかないし、イケメン戦士も萌え魔術師もいないです。

それでも、ゲームなんて三流文化と見下してる欧州の人までハマってます。
それだけ人を動かす魅力がある訳です。

その魅力については、個々の意見があるかと思います。
それを聞くのも、また楽しそうです。


いつも読んで下さって
ありがとうございます。


スマホを猫とか犬にくくりつけるズボラは止めましょう。