読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜になっても読み続けよう。

地位も名誉やお金より、自分の純度を上げたい。

とある人気ブロガーの夜。

本日二本目。

この物語はフィクションです。

ワタシは人気ブロガー。アルファブロガーって言った方が今風ね。

さて、書籍の打ち合わせは明日。
どこのカフェでやるのかしら。
うふふ、ワタシってリア充でもあるのよね。

と思ったら
バリーンッ!
と派手な音を立てて見知らぬ女が乱入して来たわ(汗)。
って言うか、窓もドアも割られてない……どういう事。

女「あんたのせいで人生詰みそうよ。
『自分の頭で考えて行動したら幸せになれるはず』
『多様な個性を大切にしなさい』
って言うから、結婚はおろか、恋愛もせず仕事してきて、結局、婚期は逃すし仕事のキャリアも中途半端。
どうしてくれんの」

えー、そんなぁ。
自分の頭で考えて、自分で選んだ人生でしょ。

バリーンッ!
今度は天井から?
男だわ。

「あんたが
『年収200万円以下でも自由に暮らしていける』
って言うから、就活もせずにいたら、現在結局、地方住みの人への買い物代行くらいしか稼ぐ方法がなくなったぞ!
どうしてくれんだ!」

それも自分の選択でしょう?
あーあ、やれやれ。

ドッカーンッ!

この男はどこから入って来たの。

「『会社に縛られるな』
って言うから転職しようとしたけど、バイトや派遣しかなくて
おかげでワープアだぞっ!
どうしてくれる!」

あらあ、心外ね。
塾生って、その時は
「そうか!自分はもっと自由で良いんだっ!」
と目を輝かせるのに。

そもそも、人生の指南はあくまで指南で
先々の担保なんか出来ないわよ。
株式やFXの本も
大損したから筆者のせいだ損失補填しろ
って言われても実際にする人いないし。

女「『自分の頭で考えて、会社に所属しないで、フリーランスで金儲けして、その範囲で生活して、お洒落も婚カツも恋愛も結婚もせずに生きる』

って事が個性を大切にした多様な生き方ではない、と言うのは学べたわ」

…………え?

男A「最初の就職で先々の展望が多少は変わるのもな」

ちょ、そんな事はないと…………思う。

男B「年収200万円だと結婚はできないし
何より、親が介護が必要になった時には生活保護になってしまう可能性が高いのも」

いや…………そりゃ、まあ、ワタシは介護してないけど…………。


男A「あんたの信者になって
下らない本を何冊も買わされて
実りのないサロンに何万も注ぎ込んで
薄っぺらいメルマガに小金を出して、確かにオレらが決めた事だよ」

えっへん。でしょー?でしょー?

男B「あんたはそれでは幸せにも金持ちにもリア充にもなれないと知ってんだよ。
それで俺らは、あんたに制裁を下す事にした」

え゛っ!
まっ、待って!
暴力は反対だわっ!

女「別にリアルな制裁だけが制裁ではないわ。
あなたはもうそのバルス・ワールドに移ってるのよ」

どういうワールドなんだ。

男A「現実社会以外では、一切、見向きもされないという世界」

男B「あんたはこれから何をブログに書こうと
どんなに手の込んだサイトを作ろうと
炎上目的で誰彼構わずTwitterで噛みつこうと誰も見ない。
ひたすら無視される。
書籍化されても売れなくなって行くから新しい企画を持ってくる出版社はなくなる」

…………ホントの暴力でなくでよかっ……………………えーーーっ⁉

それは困るわ!
広告やアフィリエイト収入がなくなる!

女「私は好いてくれる男性が現れたから、その人と付き合って結婚して子供を産んで
命懸けで育てるわ」

男A「オレは就職が決まったんで仕事をする」

男B「俺は農地を貰ったんで野菜を育てる。トマト以外の」


……………………え、あの。
それも困るんだけど。
ワタシの塾生が
そんな「普通の人の普通の生活や人生」を送られたら
ワタシのブランドとかアイデンティティーがなくなる。

女「お金がなくても自由に生きて行けるんじゃなかったの?」

男A「違うよ。この人はお洒落も婚カツも恋愛も結婚も子育ても何一つ出来ないんだよ。
だから『若い人から学ぶ』って視点なしで
いつでも上から目線で啓蒙やら説教やら洗脳やらするしかないんだよ」

男B「出来る事が『考える』だけなんだからな。
実際に有益な社会活動とかコミットとか出来ず、しかも、お利口さんだから何の後ろ楯もなしに選挙に出たりもしない。
何もできないから自分の劣化コピーを量産して
『会社にも恋愛にも家庭にも老後の不安からも自由な気分でいる人間』
の中にいたいんだよ。
普通の幸せを持ってない事への不安を忘れられるからな」

女「では、さようなら。
あなたはオワコンになりました」

え、まっ、待って。
バルス・ワールドって、そんな。

男A「更に進んで、オワコンから『最近見ないね』になった。
さらば」

男B「更に進んで、『いつからオワコンになったの?』になった。
んじゃ」


え、いくらネットがマウスイヤーと言えども
そんなに早くオワコンには…………あれ?
コメントも「いいね!」もスターも何にもない。
ブログランキングにも入ってない…………いつから?

待ってよ!三人とも!
謝るから!
お金も返すから!

あ、あれ…………?

周りがどんどん乾いて、あ、あれ?

何を書いても
アップしてもアクセスが増えない…………他人の批判してもスルーされちゃう…………。

組織や他人なんて利用して使い捨てにしても…………今度はワタシが



使い捨てされるの?


助けて!
誰かっ!
助けt
tttttttttpjgrq's//~





いつも読んで下さって
ありがとうございます。


自己実現と承認欲求は違うと思うんだけどなぁ。

じゃあの。