読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜になっても読み続けよう。

地位も名誉やお金より、自分の純度を上げたい。

ネイティブ広告ハンドブック、を読んでみた。

皆様、おこんにちは。

いろいろ話題になっている
ネイティブ広告がどーたらこーたらですが
読んで見ました。


f:id:slowstudy:20161110153608j:plain


ネイティブ広告ハンドブックhttp://www.jiaa.org/download/JIAA_nativead_handbook.pdf
ファイル

http://www.jiaa.org/download/JIAA_nativead_handbook.pdf
リンク

引用元
JIAA_nativead_handbook.pdf
一般社団法人
日本インタラクティブ広告協会


これって、何ヵ所か、すごい事が書いてあります。

まず、ネットでは嫌われてる
まとめサイト」を容認している事。

それと
「『これは広告です』と但し書きするように決める事と法整備」
です。

まとめサイトを装った広告」
って多いのですが
それに「AD」(アドバタイジング・広告の意味)と付いたら、
小遣いサイトや
バイナリーオプションで、ニート脱出!」
とゆーような事を書いて貼ってる人は収入が減ります。

「ネット副業で秒速一億稼いだオレ!」

てな情報商材を売ってる人はどうなるのか。
アメーバーブログ他
一般ユーザーの営利目的でのブログ利用は禁止されています。

だから、たいていの人は
独自ドメインでホームページ作って
ドヤ顔で腕組して
左斜め70℃の写真を乗せて売ってる訳です。
それが触る事の出来ない「情報」という商品でも
「広告でーす♪」
と付けなきゃいけない、しかも法律や道徳に沿った内容にしなゃならない、となると
今後は厳しいでしょう。

それとマルチの常套句
「高いTVCMしないで、口コミで良質の物を売ってるの♪」
とゆーヤツ。
すでに変化してます。
金融の法律が大きく変わって
大きいローンが組めなくなったからです。

マルチの場合、子ネズミの段階をスッ飛ばして、中間幹部から始めないとウマミがありません。
が、子ネズミにすらローンが通らないので現在は上でもキツいのです。

アメリカの人に聞いてみたら
アメリカにもアフィリエイターはいますが
何か、日本の「それ」とは違います。
たいていは副業です。

「レールに乗った会社員」
ではない、けれどパソコンは得意
てな人の場合、株やってます。
信用貸しのシステムが日本とは大きく違っているので
アパートの家賃も滞納してる人が
有名大手企業の株買い占めして問題になったりしてます。

それに「炎上」の形そのものが違うのです。

日本の場合
「誰のために何のために」
か分からない
けれど「けしからん!」と怒ってる人がほとんどです。
アメリカの場合、
たまたまテレビに写ってた人が空手ポーズで延々と動いてた
とか、少なくとも金儲けのためではない、「やってみた」のような物が燃えます。

中国やインドではどうか
更なる報告が待たれますが
中国は近いうちに掲示板書き込みに実名添付が義務付けられるそうです。

相方がメーカー勤務なんで、いろいろ聞きますが
ネットって





意外と物が売れません。

ブツを手で確かめたい人
試着してみたい、試食してみたいという人が
まだまだ多いのもあります(他の要因は企業秘密)。

話を戻しますが
ネイティブ広告が云々、うーん、新語っぽいなぁ
ディスクロージャー」って、どこのプロレスラー?(答*情報開示の意)

例えば
「バブル期に10代後半~20代で
現在は、お金はあんまりないけれど、時間はある専業主婦」
をターゲットにするとします。

この年代が欲しい物は「若さ」です。

そこで
アンチエイジングに効果的⁉五本の化粧水を試してみた」
というブログを書くとします。

この場合、小口でも良いからと、メーカーにスポンサーになってもらいます。
勝手にレビュー書くと訴えられる可能性が増えてきたからです。

多少は盛ってもいいけれど
プロトコル(議定書・大雑把に言うと決まり事)に従って
「すっごく効果的‼」
ばっかり書いてはいけないそうなので

「A社のは値段が高い」
「B社のは冷蔵庫保存しなくてはならない」
「C社のは、乾燥肌のワタシには合わなかった」

などなど、ネガティブな事も正直に書く必要が生じます。

TVCMだけを見ても
60~70年代は
「これを買って使えば、あなたの生活は薔薇色~♪」
なCMが主流でした。

バブル期になってCMは完全に、イメージ先行型になりました。

若いOLさん達が一斉にダンス始めて
最後にサラ金のCMだと分かるんですが、ダンスとサラ金って、どういう事?
と頭を捻る物が多く、時代が進んで
不景気になると
「安い!早い!美味しい(実用的)!」
なCMばっかりになります。

「ネット広告のコンテンツ化」
で稼いでる人と聞かれたら
やっぱり、糸井重里さんです。

私が懸念しているのは
大手広告代理店が、あらゆるブログサービスに参入するのではないか
ネットのどこに行っても広告だらけ
になるんじゃないかという所です。

てか、もうすでになりかかってるかもしれません。

「○○になるための7つの方法」
とか
「××のためのお薦め10選!」
とか、そういうブログばっかりになってきてます。

逆に
同人誌を電子書籍化して売っている人もいるし、フリマではなく、ネットで手芸品を売る方が儲かったりします。

私が中学生くらいの頃は
未来は商品が歌ったり踊ったりしたり(「ワタシを食べて~♪」)、
生きもの全てに広告が外にも内にも付いてたり
そういうSFが多くありました。

ネットの出現で、そうした未来は回避出来そうです。

逆に
「本文より広告の方が面白いし有益」
と言われないようなブログを書きたいと
思ってはいます。


ブログ、アフィリエイトで月50万円を最短で稼ぐための詳細な記録。ブロガー、アフィリエイターでセミリタイア

"付利意雷布亜"

こちらから無料で読み始められます: http://amzn.to/2cZJvlr

--------------

AndroidiOS、 PC、MacなどにKindleをダウンロードして、いつでも無料で読むことができます
http://amzn.to/1Q5Luz3


いつも読んで下さって
ありがとうございます。

…………読書しよ。