読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜になっても読み続けよう。

地位も名誉やお金より、自分の純度を上げたい。

五年後の私へ。お題。

丑三つ時の千葉県某所より、おこんばんは。

五年後の私へ。

食い過ぎるな。
君は太りやすいのだから、節制が必要だ。
運動も適当にしろ。

本を読むのを諦めてはいけない。

そろそろ、本格的に映画を作れ。
諦めたら夢は夢で終わる。
現実になったらなったで
面倒くさい浮き世の義理やら、お金の計算やら、いろいろしんどいとは思うけれど
稼いだら社会に還元して欲しい。

30才過ぎたら利息で食べていくしかない。
元本になる経歴や資格やキャリアがない人は
前向きに諦めて日々の生活を楽しめば良い。
けれども

50才過ぎたら
好きな事しか(なるべく)してはいけない

スピルバーグ監督も言っている。

スピルバーグ監督は
本当に撮りたいSF映画のために
「実話を元にしたハートフルストーリー」
なんかも撮っているのは
そういう事だろう。
そして、下積みが我慢出来るのは若さの特権だ。

君の周りには
ビッグマウス叩いて風呂敷を広げる人間が集まりやすいが
「へー」
「ほー」
「ふーん」
で逃げろ。

広げた風呂敷が大きければ大きいほど
畳んでしまう事は難しく
必ず周りには迷惑をかける。
もちろん、君にもだ。


そこが苦痛しか与えてくれない場所なら逃げろ。
「嫌だ」
と感じる閾値が同年代で低すぎる人間もいる。
君は幸いにして、スットコドッコイだから
少々の事には耐えられるだろう。
時には闘えるかもしれない。


くれぐれも言っておくが
君は普通の人間だ。

君がなりたかったのは普通の人間だ。

変わり者で才能があってカリスマがあって
というような人間にならなくても良い。

普通の人間だからこそ、今まで危ない局面を何度も誰かに助けてもらえたのだ。

君はおバカだ。

あれだけの幼少時代を送っていても
人間やこの世界を信じていられる。
おバカだからだ。

だから搾取しよう、騙そう
という人間が寄って来るだろう。

今まで通り、やんわりと
ファック・ユーと中指立てればいい。

穏やかな笑顔と発言のギャップに
相手は逃げるだろう。

残念ながら、年金は貰えない、貰えても月に一万円とか
ふざけた世の中になっているだろう。
それを嘆かず
若い人達に夢を見せてあげろ。
そして食事を奢れ。
職場のヤング達と回転寿司に行った事があっただろう。
あの時を忘れないで欲しい。
ご馳走する、と言った時のヤング達の目の輝き、店の中でワイワイ言って注文した一時。
場を支配したい訳ではない、ただ、若い人達にご馳走したい、
それを忘れないで欲しい。
回転寿司なのに
うどんやケーキまで回って来る不思議な光景は
更にカオスを増しているだろう。


相方さんを大切にしてあげろ。

君の親が「君の親である事を放棄した」代わりに
天の配剤で
その何倍も愛情を注いでくれた人だ。
相方さんの家族にも、だ。

君の幼少の頃からの願い
「人を助ける仕事がしたい」
というのは正解だ。
君は自分が中心になって脚光を浴びるより
他人のサポートをしていた方が良いようだ。
「お姫様」でいるより「お姫様付きのメイド」の方が輝ける人種もいる。
それは残念な事ではない。

定年過ぎても働け。

年金に頼るより良い。

場合によったら
「介護サービスを受けながら働いている高齢者」
もアリだ。

そして
長年の夢の
「賄い付きの格安下宿」
を作ってくれ。
行き場のない若い人達や
同様の高齢者と
賑やかに暮らして欲しい。


f:id:slowstudy:20161116032716j:plain
働く貞子。


はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary