読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜になっても読み続けよう。

地位も名誉やお金より、自分の純度を上げたい。

ブログで儲けようと、何故にわたしが思っているか。

大雪でしたが
TOKIOメトロポリスに降る雪も
田舎の千葉県某所に降る雪も
朝からの雨で溶けて流れりゃ
みなおなじ~♪


皆様
おこんばんは。


わたしの
この弊ブログを最初から読まれて下さっている天使のような
そこのあなた様。








何かヘン







だと思われません?


アフィリエイトで稼ごう!」


なら
どっか怪しい情報商材をバカスカ貼ります。


「あなたのブログを大ヒットブログに!」


コンサルタント系なら
パソコン用語連発して
何が何やら分からない混沌の渦に読者を巻き込み、
そんで自分へのメールフォームを貼るとか。


わたしが
「ブログで儲ける」
を度々タイトルに付けるのは
検索エンジンから見に来て下さる方を目当てにしてるに決まってます。

そんで
内容は関係なかったりしてます。


「ブログで儲けたい」

のは本当です。


ただ、

「わたしが目指している事への備忘録であり
成長・後退の記録であり
賛同者を密かに募るのが
真の目的のブログ」


だからです。

社会的に成功

てのは
お金持ちになる事?

有名人になる事?

それとも
人に自慢出来る配偶者を持つ事?


なら

「人を騙して大金持ちになって
悪人として有名になって
そのお金でイケメンを釣って結婚した人」


一番偉い…………な訳ねぇ(笑)。


わたしは以前から
いろいろ社会問題を調べて
何か解決出来る良い方法はないんかいな
と細々と活動の真似事をしていました。


一番良いのは

「自分を高める事」

だと何となく思い付きました。


まんがでわかる7つの習慣

まんがでわかる7つの習慣


地に足を付けた人生は
つまらない
と言う人も多いですが
わたしには
しっくり来るのです。

f:id:slowstudy:20140215215450p:plain


「ビックイシュー」

という団体が存在します。


300円の雑誌を
ホームレスの人に売ってもらいます。

半分の150円が
販売しているホームレスの方の取り分です。


住む所や食べ物着る物を
簡単に与えて終わり、
てのではホームレスからは脱却出来ないのです。

そして
ホームレスの人に
忘れかけてた誇りを取り戻してもらう事。

残念ながら
販売場所や支援施設が東京に集中してますので
千葉県から出来る支援をしたいと思っています。

ちなみに
2月15日販売号の表紙はブラッド・ピッドです(控えめに宣伝)。

f:id:slowstudy:20140214125620j:plain


それと
わたしが
「介護の業種で働く医療従事者」
なのは
以前に書きましたが
例えば

寝たきり状態で一人暮らししてるお年寄りが増えてます。

介護サービスの利用内容と回数は
その人がどれだけの介護保険料を貰っているかで変わります。

そしてさらに
介護保険
今まで
どれくらいの年金を払って来たかで利用出来る額が変わり
利用出来る回数が変わります。


少ししか年金を納めてなかった
あるいは年金を全く納めてなかった人の場合、
本当に最低限度以下のサービスしか受けられません。

働いていた頃、
生活がカツカツだった人は
家族との繋がりも疎遠になっています。


例えば
朝夕に
「お元気ですか?
調子はいかがですか?」
と顔を見に来る人がいれば
どれほど安心か。


安い金額で
リサイクル家電やリサイクルの衣料品を買って来てくれる買い物代行者がいれば
生活費も安く済みます。

近くに腕の良い開業医が居るか
データベースみたいに情報を持ってて
情報提供してくれる人がいれば
医療費も節約出来ます。

安否を
離れて暮らす血縁者に伝えてくれる人がいれば
血縁者も安心します。

お年寄りも
「他人に迷惑かけたくない」
とサービス利用を控えて孤独死する事への予防率が
ぐっと上がります。


わたしは

NPO法人を立ち上げたいのです。

それで調べたら
わたしの資格で開業みたいな形で
一人で起業できて
資金も少なくて済む団体が存在しますり

その立ち上げのために
いろいろ勉強してます。


話が戻りますが

「わたしが何故にブログで儲けたいのか」


もう1つの理由。

これは





自宅にこもってる事が多いお年寄りに


ぜひ








ネットで少しでも稼いで欲しいからです。


特に男性の場合
自分はもう昔のようには働けない
って思うと
社会との繋がりが途切れた気がして
ガックリ来るんですよね。


だから、
お小遣い程度で良いから
ネットでお金が稼げたら
ハッスル(死語)するんじゃないかと。

そのためには
わたしがいろいろ知ってないと!


社会起業家

も尊いですが
わたしは
そんなにすごい事は出来ません。


そして最終的な目標。


お金がない若い人のための


賄い付き下宿


を運営したいです。


こういう事
想像してると
ホントにワクワクします。


それがどこまで上手く行くか
あるいは挫折したり自暴自棄になったりするか。

その記録です。





いつでも、どこでも、誰かのちからに。NPOとCSRのポータル支 援サイト- 4en.jp

4円クリックにご協力お願いします。


読んでくれて
ありがとうございます。


このブログの収益は
自分のためには一切使いません。

収益があれば
の話ですが(泣)。