読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜になっても読み続けよう。

地位も名誉やお金より、自分の純度を上げたい。

オリジナルアニメ・despair/hope。

皆様
春めいて来ました。




っちゅーたら、
アレ
な人も増えます。


その原因については
後日。


ネットで話題になったオリジナルアニメで

「Despair/hope」

というお話を見ました。


http://www.youtube.com/watch?v=Mk1wwDnRh8k&sns=em



中高といじめを受けたせいで
引きこもりになってる19才の女の子が主人公です。


ネットで居場所を探して
気付いたら
幻聴やら異常感覚やらが始まり
暴走するんで
措置入院します。


もう、
まんま
エヴァンゲリオンの世界です。



退院したら離人症みたいだった感覚がなくなってるのに気付き
どうやら処方薬のせいだと思います。


それで
オーバードーズします。

この辺りで
わたしは
爆笑しました。


「私は私を越えた!!
私は宇宙!!
私は神!!」



とハイになるんですが、
何を飲んだらこうなるんだ(笑)。


少なくとも
この程度の症状の未成年の女の子に処方する薬では
こんなんならんぞ。






そんで、
人恋しさのあまり
SNSで知り合った男と同棲。


こいつがもう
見るからに禍々しいキャラです。


それでサイアクの形で最終回。

f:id:slowstudy:20140316165829j:plain]



わたしの娘なら
ひっぱたきますね。



f:id:slowstudy:20140316165821j:plain




人生の初期の
多感な時期に
いじめというモノに遭ってしまい、
人間のダークサイドを
たっぷり見せられてしまった事には同情します。



けど、
所詮、
三年間の事だし
やってる方も単なる子供なんです。


こんな風に
いつまでもいつまでも
いじめを受けた事を
何年も何十年も忘れず許さず
それを見返したい思いに捕らわれて
建設的な事を何一つしない、
て所がなぁ。



わたしも含めて
過去にいじめを受けたけど
フツーの大人になった人は

「いじめのトラウマ」


どう解消するかを人生のテーマにはしないです。


それより、
真っ当な大人にどうなるか
とか
考えて進学なり社会に出たりします。


それと、
こんな風に
ヒトを壊すくらいの
いじめをしないとフラットを保てない、
現在の学校のあり方や
子供社会へのペナルティのなさも問題です。


アメリカ・ヨーロッパだと
いじめの罪は重く
発覚したら
修学旅行や卒業パーティー参加禁止になるぞ。



つくづく、
日本て
歯止めの効かない国だと思います。


学校というモノを
大人が信用し過ぎてます。


話が戻って
このアニメの主人公ですが
こうした女の子が
わたしに近寄って来る事がよくあります。


SNS
「友達検索機能」
を使って
ワザワザ、
危ない人間に近付いて行ったりするのも謎の心理です。


「誰でもいいから他人に存在を認めて欲しい」


「他人が怖いのに一人でいられない」

「極端に低い自己評価」


ですが、

これは



「極端に高いプライド」


の裏返しです。


だから
こうした女の子達は
わたしに近寄って来て
電話に出ないとか
メールに即レスしないとか
「大切に扱われてない」
と思うと
罵詈雑言を叫んで簡単に離れて行くのも特徴です。


仕事してるとか
家事してるとか
一切おかまいなし。


ある種の

「子供返り」

を起こしてるんで
仕方ないんですが、
親にもスゴい尊大だったりします。


コンビニのバイトなんか出来ない
とバカにしてたりします。


こうした女の子ですが
たいてい30才になる辺りで
フラットに戻る子もいます。


十数年かけて壊れた人格が
十数年かけて戻るのです。

そんで、
結婚したり就職したりします。


そうならなかった子ですが
これはもう、
どうしようもないです。

15、16才で受けたトラウマを
30才になっても引きずってる
てのは

「不幸な自分が好き」

「不幸な境遇が居心地良い」

とゆー状態に陥ってるからです。


痛みや辛さでしか
自分の存在を確信出来なくなってるのでしょう。


その頃には
親も老いてて
兄弟が遥かに自分を追い越して「大人」になってて
今度は家庭内でドロドロが始まります。


学校で人気者で
いつもニコニコしてて
勉強も出来て部活もバイトも頑張ってる子っていますよね。


実は
こうした子の方が
人間のダークサイドを
すごく知ってたりします。


完全な人間なんて
この世に存在しない
って事や
人は
その内面にものすごく汚いドロドロを抱えてる事と
反面、
すごく美しい物をも抱えてる
って事を
何かの理由で知ってるのです。


ネットで
完全な人間を探したり
全ての自分を肯定してくれる人を探す
ってのが
実は大きな甘えだと気付いた時に
大人の階段を登るのでしょう。


「本当の自分」


いくら部屋で探しても
髪の毛一本落ちてません。


ネットもバーチャルでツールです。


「誰もが憧れる素晴らしい自分」

なんかにならなくても良い


わたしは思ってます。


とりあえず、

「今日一日、
一生懸命生きて
何とかやり過ごそう」

と毎朝
誓ってます。


正しい方法かどうかなんて
考えてるヒマもないです。





千年女優オリジナルサウンドトラック

千年女優オリジナルサウンドトラック

「好かれる理由、嫌われる理由」の心理学

「好かれる理由、嫌われる理由」の心理学


いつも読んでくれて
ありがとうございます。