読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜になっても読み続けよう。

地位も名誉やお金より、自分の純度を上げたい。

ブログの取材を受けました。

皆様、千葉市内は暑かったですよ、おこんばんは。

ブログがとある雑誌に取材されました(疲れのあまり、文章に電波が飛んでる)。

どういう内容かというと



詳細は来月中旬♪



なのです。

類型化する事にあんまり意味はないかもしれませんが、
例えば女性は以下の四つに分類されます。

「何とか『普通でいよう』と、いろいろ自分を抑圧している」
お局様に多いです。

「抑圧はしてないけど『変わっている』と言われる事が苦痛なタイプ」
バンギャに多いです。

「『変わっている=特別な存在』だと勘違いしている人」
リエーター志望やサブカル女子に多いです。

そして

「周りが言うには
どうやら私は『変わっている』らしいが、自分ではよく分からない。
まあ、いいや。皆が楽しそうに、いじってくるし」
私ぐらいの年代の、子育てとか終わって
はあ~、やれやれって人に多いです。

変わっているって、何がどのように、どういう基準で誰が決めてんのか。


取材に来て下さったライターさん、若くてイケメンでドキドキしました。

取材を受けるので云々に
一番、淡々としていたのは
相方。

(゜-゜)ふーん

甥っ子B「個人情報は大丈夫なのっ⁉」

姑(相方母)「なんか、みんな騒いどるけど、ブログって宇宙人の映画だっけ」
(『ブロブ』だと思われている模様)。

私が驚いたのは、こんな極北のブログを見つけて下さった事です。
方向性の定まらない、興味があっちゃこっちゃ向いてる中の人(=私)が反映されてますからねぇ(涙)。

それもこれも仕方がありません!

幽霊だって働く世の中!

ところで、私は先日、誕生日だったのですが
相方のプレゼントがこれ。

メロン丸で一個。
f:id:slowstudy:20161103202259j:plain

いつも読んで下さって
ありがとうございます。



何で日常がネタだらけなのだ。
私のせいか(少し納得)。