読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜になっても読み続けよう。

地位も名誉やお金より、自分の純度を上げたい。

私が見てきた「サイコパスっぽい」人達。

心理学

便秘で肛門括約筋が活躍してない
千葉県某所から
おこんにちは。


水田……じゃなくて村田マリさんの騒動ですが
仕事のアレコレではなく
この人はサイコパスではないか
というブログやネットニュースをチラホラ見かけます。

「悪いこと、あるいはグレーだけど
金儲けのためにイケイケドンドン♪」

ならば「単なる悪人」です。

私は世間で流布されているサイコパスの定義に疑問があります。

私が仕事で不特定多数の人と接していて
「あ、この人はサイコパスっぽい」
と思う人は世間の定義とは少し違う事が多いからです。

これは生物としての本能が危機を知らせている直感のようなモノで
文章では上手く表せない事が
ままあります。

例えば笑顔ですが
48時間ブッ通しで働いた後に
「写真撮らせて下さ~い」
と言うと
「48時間ブッ通しで働いた疲労溢れた雰囲気を全開にしつつ
とびきりの笑顔を見せる」
のです。

普通の人ならば
そうした状況で写真を撮られる事を嫌がります。

それと常にドーパミン全開なのか
いつもキラキラ♪な瞳をしています。

あるいはギラギラか、です。

そのせいで
ぱっと見の印象は美男美女に見えます。


f:id:slowstudy:20161213114529j:plain
アンドレイ・チカチーロ。

羊たちの沈黙
のドクター・ハンニバル・レクター
サイコパス=天才」
というテンプレートを作ってしまいましたが
実際は違うと思います。

f:id:slowstudy:20161213114546j:plain
博識で話していても楽しいし
人の気持ちをくみ取るのが上手いので
FBIのクラリス
自身で蓋をしていたトラウマを話してしまう…………。

これは
「ドクター・レクターが天才だっただけ」

「カウンセラーとしても優秀だっただけ」
です。

和歌山砒素カレー事件のハヤシマスミ氏は
カレーの件は冤罪ではないかと
まことしやかに言う人もいます。

何故ならば
保険金詐欺という知能犯罪と
カッとなってカレーに砒素を混入という「感情型犯罪」は
相容れないのではと思う人が多いからです。

ただ、40件以上も保険を掛けて
掛け金が年間2,000万円で
生活は派手に見えて
実は経済的には苦しかったという部分を見ると
「このまま行けば破綻が見えている無茶な計画」
を立てるのは、どこか壊れている人の特徴です。

秋田連続児童殺人事件の
畠山鈴香氏も
一部では冤罪説が流れています。

理由は
動機が何だか、よく分からないからです。

後付けで
男性と上京するのに我が子が邪魔だったとか
犯罪被害者への賠償金目当てだったとか
いろいろ言われていますが
はっきりそれを明言する人もいないし
あくまで「そういう噂」で留まっているだけです。
何より、本人もよく分かっていないのではないかと思うフシがあります。

私が「サイコパスっぽい」と感じた人達は
知的能力に問題はないのに
極端に学力が低い人がほとんどでした。

よくギャグマンガ
夏休みの宿題が出来てなくて
夏休み最後の日に家族総出で徹夜で宿題を手伝ってもらった
というエピソードがありますが
小学生なら、よくある笑い話です。
子供は計画性がないからです。

こういう人達は
新学期に宿題を一枚もやってこなかったりします。
それが中学生や高校生になっても、なところが特徴です。

教師が心配して
何か家庭で問題でもあったのかと家族に問い合わせると
そこで初めて
本人が家族から微妙な距離で排斥されていたり
逆に干渉されていたりする事が発覚します。

なんというか
「宿題はやってるの?」
と聞いてくれたり心配してくれる家族が不在なのです。

関連がありますが
学校でも職場でも
決められたルールの上で与えられた課題をこなす事に
激しいアレルギーを起こします。

その結果、「ここではないどこか」へ行くために
強い上昇志向を持っています。
が、
コツコツ勉強したり働いたりが出来なく
実際には低学歴だったり
借金だらけで身動きが取れなくなっている事が多いです。

だから中高年と呼ばれる年齢に片足突っ込みかける頃に
ひじょうに焦って
いきなり医学部を受けようとしたり司法試験を受けたり
ハタで見ていて「無謀」の一言に尽きる行動に出たりします。

こうした人達は
数字やオフィシャルでの結果
つまり「不合格通知」などに弱く
受験に落ちたら学校にしつこく問い合わせたりします。
そして、試験の点数を聞いて大きなショックを受けた後
それを何か別の物に原因があると考えたり陰謀だと思ったり……そもそも、どうして自信満々に「受かる」と思っていたのか分かりません。

サイコパスっぽい人は
どこかしら依存的な部分が強く
それでいてマウントを取ろうとしてくるので
話していて突然とんでもない事を言い出したりします。
介護の仕事をしているのに
「年寄りのせいで若者がひどい目に遭わされている」
などが典型です。

極端に偏った生活能力のなさも目につきます。

掃除は粘着質なくらいやるのに
料理は全く出来ない、などです。

ドクター・レクターは
香りに敏感でこだわりがあるキャラですが(美食家で料理も上手い)、
私の知るサイコパス
香りに鈍感で
それと舌も鈍感です。

人は美味しそうな匂いも食事の内なのが普通です。
その嗅覚や味覚が鈍感だから
食事が作れないのかもしれません。

「あたし、お菓子作りが得意なの~♪」
と自慢してるのに
いざ、キャンプなどになるとパスタのゆで方も知らない、などです(サイコパスでなくても
こういう女の子は多いですが)。

何気なく普段の食生活を聞くと
残飯に近い物しか食べてなかったり
職場のみんなが食べるオヤツ(クッキーとかキャンディーとか)を
一人で一気に食べたりします。

数字にも強いこだわりがあって
お金なら一円単位まで計算しないと気がすまないだとか
ダイエット中なら、ほんの数カロリーで買うものを悩んだりします。

ヒトの脳の容量は
たいてい大体同じで
仕事や育児に集中していたら家事が手抜きになるのは
ある程度は仕方ないという事が
説明しても分からなかったりします。

一番のポイントですが





性的な快感を感じた事がない





という人が多いのも特徴です。

経験はあっても
嫌でもなく良くもなく
と言う感じです。

だから、女性の場合
風俗産業で働く事が
全く苦痛ではない人もいます。

ハグやキスも本人に取ったら意味不明です。

もちろん、個人差が大きい分野なので難しいのですが(相性もあるし)、
「好きな人と物理的に触れ合う心地好さ」
が実感として分からないのかもしれません。

あるいは性的な行為が未経験で
そのまま老いても平気で
そもそも性行為への欲求が薄かったりします。

自分の体を「物」として扱える訳ですから
他人に対しては、もっとひどい事になるのも分かります。

経験値が貯まらないまま年齢を重ねていき
気付くと家族とも音信不通になっていたり無縁状態になっています。

祖父母の葬儀や兄弟の結婚式にも呼ばれない事が
こうした人達には「普通」なのです。

じゃあ、孤独なのか
と問われたら
多分、この人達は違うと答えるでしょう。

他人といても楽しくない、孤独も体感的に理解出来ないのです。

信じがたい事に
哀しみや慈しみを持たずに生まれてきて生きていく人が
この世界には少なからず存在します。

もちろん、脳の器質的な問題がある可能性も否定は出来ませんが
それを解決する手段はありません。

だから、サイコパスっぽいと感じた人と出会うと
私は全力で逃げます。

この人達は他人からの侮蔑や罵倒には
凄まじいパワーで復讐して来ますが
普通の人がかけてくれる慈悲や思いやりをも
必要としていないからです。

それすらもきっと、苦痛ではないのかもしれません。


f:id:slowstudy:20161213114647j:plain
撮影中でグルグル巻きなんで
煙草を吸わせてもらうドクター・レクター。


このテの本は読み飽きました。


こちらは事件の不可解さが見えます。


いつも読んで下さって
ありがとうございます。


愛するってことは難しい。

追記・語弊がある部分を少し直しました。